医療保険

国民皆保険制の日本とは異なり、米国では勤務先の企業が加入している医療保険プランを通じて、従業員と家族の方々は医療費などの保険給付を受ける仕組みとなっています。 米国の医療保険プランには、HMO、PPO、POS等の種類がありますが、当社では、 PPOプランをお取り扱いしています。

 

米国日本生命のPPOプラン

給付内容の組み合わせにより、お客様のご要望にあった様々なプランをご用意いたします。
ASAネットワークPHCSネットワークなどの全米規模のネットワークに加え、全米各地の有力地域ネットワークを幅広くご用意しております。
医療保険には、処方箋薬(Prescription Drug)プランが含まれます。全米で最大手規模を誇るCVS Caremarkと提携しています。利便性が高い処方箋薬プログラムをご活用頂けます。

ご提供できるプランやプラン内容は、会社規模や州により異なりますので、詳しくは営業支店までお問合せ下さい。

 

PPO プラン

PPO (Preferred Provider Organization = 提携医療機関) とは、保険会社と医療費のディスカウント契約を結んでいる医師や病院などの医療機関のネットワークです。 当プランは、医療費から免責金額(Deductible)を除いた金額の一定割合(Co-Insurance)を保険会社が給付するものです。 PPOネットワークに加入している医療機関、していない医療機関のいずれもご利用頂けますが、通常、PPOネットワーク内の医療機関をご利用された場合、医療費のディスカウントに加え、保険給付率が高くなります。 更に便利な点として、本人が医療費を一旦立て替え、保険会社へ請求をする必要がありません(医療機関が直接保険会社に請求します)。 また、PPOネットワークに加入している医師への、通常外来診療の際は、定額Co-Payの支払いのみで済むのが一般的です。

 

HDHP

保険料を少しでも抑えたい企業向けに、高額免責医療保険プラン(High Deductible Health Plan)をご用意しています。HDHPにご加入の従業員の方は、HSA(Health Saving Account)を併用してご利用いただくことができます。HSAは、医療費の支払いを目的とした非課税の貯蓄口座です。HDHPの免責金額やHSA対象となる医療関連費をこの口座から支払うことができ、口座の移管も可能です。HDHPに関する詳しい情報は、お近くの営業支店までお問合せ下さい。 

 

駐在員プラン

米国日本生命では、米国駐在員及びそのご家族を対象と した駐在員プランをご用意しています。プランの詳しい情報は、お近くの営業支店までお問合せ下さい。

 

処方薬給付プラン

処方箋薬給付プランも、柔軟なプラン設計でご希望にあった給付内容をお選びいただけます。全米で加入薬局数60,000件以上のネットワークを持つCVS Caremarkとの提携により、従業員の方は、ほぼどこでも処方箋を受け取ることができ、安心してご利用いただけます。処方箋薬給付プランには、以下のサービスが含まれます。

  • 処方箋薬のメールオーダーサービス(宅配サービス)
  • CVSオリジナルブランド市販薬(Generic)等の割引特典
  • CVS Caremark社のオンラインネットワークで処方箋薬の使用履歴等を管理

 

※  ご提供できるプラン・プラン内容は州によって異なります。

当社の医療保険プランとサービス内容に関する更に詳しい情報は、営業支店までお気軽にお問合せ下さい。

 

 

医療機関の検索

医療機関ディレクトリ